TAKUMI

初めまして。

NPO Follow Your HEARTの飯田拓海です。

 

私は大学3年間ずっとカンボジアを支援する活動をしてきました。

その中で常に自問自答を繰り返してきました。

 

「発展途上国を発展させることが彼らにとって幸せなのか」

 

私は過去に4度にわたりカンボジアへ渡航し、様々な現状を見てきました。

現地の小学校を訪れた際のことです。

私がスマホの通知を確認しようと取り出した時に

子ども達がスマホのゲームで遊びたいと言ってきたのです。

 

最初は何も考えることなくスマホを貸して一緒に遊んでいました。

しかし、ボランティアを続け月日が経ち考えるようになりました。

 

普段スマホや最先端のものと触れ合える機会が少ないのに、

私たちが勝手に足を踏み入れて勝手に先進国のものを持ち込む。

 

誰だって初めて見るものや気になるものに

興味関心も持つのはごく普通のことです。

 

しかし、彼らは普段からスマホに触れられるでしょうか。

みんなで集まってスマホゲームができるでしょうか。

 

彼らはスマホの存在を知らなければ

「またスマホで遊びたい」と思わないでしょう。

 

私たちだって今では誰もが使っているアプリLINE。

LINEが世に出る前はメールが主流でしたが、

現在はどうでしょう。

 

LINEという便利なものができていなければ

未だにメールが主流になっていたはずです。

 

彼らのことを勝手に先進国が可哀想だと感じ、

先進国の最先端のものを見せつけているだけではないのか。

 

彼らはその先進国のモノを知らなければ

今の生活に満足し幸せに暮らしていると思います。

 

ですがもうその先進国のものを見せないという

現状を変えることはほぼ不可能です。

 

だからこそ責任を持つべきなのです。

 

だからこそもう一度カンボジア支援に携わりたいんです。

 

カンボジアには教育を受けたくても受けられない子どもがたくさんいます。

学校に行けない理由は様々ですが、大半はお金が足りないことです。

 

ではなぜお金がないのか。

私はその理由の1つとして親世代の教育が十分ではなかったと考えています。

親が十分な教育を受けられなかったがために識字率が低下し、

農業など収入が少ない職にしか就けなかったのではないか。

 

このようなサイクルから脱するためにも

まずは子どもたちの教育を見直す必要があります。

 

しかし学校の設備が不十分であったり先生の不足

様々な問題があります。

 

それらを解決するのが

我々NPO Follow Your HEARTの

オンライン教育システム『KnowRich,』です。

 

様々な問題に対応し、どこに住んでいようと同じ授業を受けることができる。

彼らにとって少しでも光が差し込んで人生を変える転機になれば幸いです。

 

そして

『生まれた場所や環境に限らず、誰もが夢へ挑戦できる社会』

の実現を目指して活動していきたいと思います。

 

長くなりましたが最後までお読みいただきありがとうございました。

  • HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • TAKUMI